お役立ち情報 コロナ 住宅・不動産

家賃が払えないときは

コロナ自粛などの影響でお店や夜の街から人が消えています。飲食店やタクシー関係などの職種に従事されている方達の生活が脅かされ、今後の家賃が払えないとの悲痛な声も聞こえてきました。

そんな場合、すぐ住居を出ていく選択肢しかないのでしょうか?
いいえ、そうはならないようなセーフティ制度があります。

それが「住居確保給付金」
行政が困っているあなたの家賃を一定期間払ってくれる制度です。

対象になるのは
・2年以内に離職又は自営業を廃業した方
・就労能力及び就労意欲のある方
・住居を喪失している者又は喪失するおそれのある方で

上記三つの全てに該当する方へ
・3か月間を限度に住居確保給付金を支給
・就労相談員による就労支援等を実施
・住居及び就労機会の確保に向けて支援を行う制度です

「住居確保給付金」の支給上限額(生活保護の住宅扶助特別基準に準拠)は
単身世帯  53,700円
2人世帯  64,000円
3人~5人世帯  69,800円などで、支給額の調整もあります

また、世帯全員の収入合計月額が基準額以下であること
単身世帯 8.4万円
2人世帯 13.0万円
3人世帯 17.2万円
4人 21.4万円などで

同時に、世帯全員の金融資産額が一定額以下であることなどの条件があります。

自分がこの制度に該当するかもしれないと感じた方は
お早めにお住いの行政窓口(区役所、市役所など)へお問い合わせください。

-お役立ち情報, コロナ, 住宅・不動産
-, , , , , , , , ,

© 2022 Blue Financial Academy